任意整理がいい
ホーム > 医療 > 不妊症の原因にはならない

不妊症の原因にはならない

低用量ピルとは経口避妊薬とも呼ばれることもあります。毎日1回服用することにより確実に避妊することができます。日本ではほとんど服用されることがないですがドイツでは60%、ヨーロッパ全体では30%服用されている薬です。

 

服用により不妊症になるという誤解をしている人がいますが、そのような事実はありません。ピルの服用により体内のホルモンが妊娠している時と同じような状態になります。妊娠中は排卵されませんが服用を中止することによりホルモンが通常の状態になり排卵が再開されますので不妊症になるようなことはありません。

 

低用量ピルは安全で確実な避妊方法として世界では非常にメジャーな方法といえます。日本では、これまで病院などでしか入手できませんでしたが、低用量ピルのトリキュラー28は通販でも購入できるようになりましたので、今後は普及していくと思われます。