任意整理がいい
ホーム > 生活一般 > 薄毛の原因になるシャンプーとは?

薄毛の原因になるシャンプーとは?

薄毛の原因には様々ありますが、良かれと思って毎日使用しているシャンプーが原因になってしまっている場合があります。

市販されているシャンプーを使い続けたら薄毛になった。

なんてことがあったとします。

しかし、それはシャンプーの成分が原因と言うわけではなく、シャンプーの仕方が原因の場合がほとんどです。

シャンプーやシャンプーと同様に使われるコンディショナーなど、しっかり洗い流せていないと、頭皮に負担をかけ、かゆみやフケ抜け毛の原因となってしまうのです。

また、頭皮を清潔に保とうと洗浄力の強いシャンプーを使い続けると、頭皮に必要な皮脂まで流してしまいかねません。

ノンシリコンシャンプーが流行っていますが、このノンシリコンはコーティング剤の役割をするものです。

髪に対してコーティングされると髪は艶々サラサラになるのですが、どうしても頭皮までもコーティングされてしまいます。

そうなると毛穴を塞いでしまい、抜け毛の原因となっていまいます。

ですからノンシリコンシャンプーが中も浮くされているのですね。

その他、シャンプー後にきちんとドライしないと菌が繁殖して抜け毛の原因となってしまうのです。

正しいシャンプーの仕方と、髪に良いシャンプーの選択、加えてドライヤーを使ってドライすることで、薄毛の原因を減らしていきましょう。

 http://ngtkitari.com/